2014,6月

口の臭いの悩みを持っている人は非常に多いですが、人間誰しも少なからず持っているものです。実際にはそれほどにおっていないのに、周りの目を気にしすぎて口臭グッズを常習してしまう人もいます。酷くなると人と話すのが苦痛になり、それがストレスになりさらに口臭に繋がる悪循環に陥る人もいるようです。

口臭にも種類があり、原因を根本から取り除いてあげることで、その場しのぎのグッズを使わなくても良いですし、人と話すのが怖くなるといった事もありません。逆に言えば、原因となっている要素を取り除かなくては口臭は改善されないのです。

最近では歯科医院でも口臭外来を実施していることが増えてきました。内蔵の病気による口臭の場合は、歯科医院に行っても改善されませんが、そのほかの理由である場合は歯科医院の口臭外来で概ね改善できるようです。http://www.otomo-sika.net/

アートインプラントセンターおおとも歯科 水戸市の歯科医院

口臭治療を行なっている水戸市の歯科医院で、原因を特定して治療を行なってくれるほか、驚きなのが販売している洗口剤です。うがいをするだけで口臭を改善することが出来る驚きのアイテムなんです。詳細は実際に通ってみないと分かりませんがとにかくすごいの一言しか書いていないので非常に気になりますよね。

水戸市のアートインプラントセンターおおとも歯科は、病院名からも分かるようにインプラント治療にも力を入れていますので、そちらでお悩みの人にもお勧めの歯科医院です。

 
2014,2月

関節リウマチは進行して重症になると、骨変形や癒着を起こし、歩けなくなったり寝たきりになったりする重い病気です。
早期発見・早期治療で病気の進行を遅らせることができますので、関節リウマチには何より早い診断が重要になってきます。

関節リウマチの初期は体のだるさなど、風邪に似た症状から始まります。これといって理由もないのに体のだるさ、関節の腫れや違和感などが続くようでしたら、“年のせいだから”などと放っておかないで受診しましょう。関節リウマチの発病は40代以降の女性が圧倒的に多いので(そうでないから罹らないわけではないですが)その年代の方は注意が必要です。関節リウマチの原因はまだよくわかっていないのですが、免疫システムの異常と関連があると考えられています。

「リウマチ色々情報局」http://www.xn--gckuc6dzbx712ce7l.com/には、リウマチと上手につきあうためのさまざまな情報が載っています。
「リウマチの症状進行」「リウマチの治療方法」「リウマチに有効な薬」「リウマチに効く漢方と温泉」など、リウマチに罹る前、罹った後全期間にわたり役立ちます。

リウマチはなかなか治りにくい病気ですが、早めの治療で完治も可能です。
疑わしい症状が出たら、まずは病院で正しい診断を仰ぎましょう。

 
2014,2月

http://www.atopy-healing.com/アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は多いですよね。
アトピー性皮膚炎は、非常に強い痒みと湿疹が症状なので、とても辛いですよね。
ちょっとした刺激で、痒みと湿疹が悪化してしまうので、日常生活は慎重に送らなければなりません。

しかし、アトピー性皮膚炎の症状を緩和させる方法はたくさんあります。
アトピー性皮膚炎は治らないと思っている人が多いと思いますが、決してそうではないので、諦めずに努力してみましょう。

アトピー性皮膚炎は、スキンケア、食生活など、色々気をつけなければならないことがありますが、正しいスキンケアや食生活ができれば、徐々にアトピー性皮膚炎は改善され、上手くいけば、再発しない人もいるようです。
まずは、自分にどのような食生活やスキンケアの方法が合っているのか、その方法を探すことから始めましょう。

そこで、おすすめしたいのが「アトピー性皮膚炎の悩み解決情報局」http://www.atopy-healing.com/です。
アトピー性皮膚炎の悩み解決情報局では、アトピー性皮膚炎の治療法をはじめ、スキンケアや食事療法まで、色々紹介しているサイトです。
このサイトを参考にして、自分に合った治療法やケアの方法を探してみてください。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は自分だけではない。
そう思って、頑張ってくださいね。

 
2014,1月

アトピーというと皮膚炎を思い浮かべる方が多いですが、喘息や鼻炎など症状は多彩です。

アトピーは生活状況によっても(大人になってからの喘息や花粉症など)発病しますが、もともと持っている体質に大きく関係してきます。

皮膚科では抗アレルギー薬の服用やステロイド外用剤の塗布などで治療しますが、アレルギー体質は生まれつきなので、根治することはありません。この体質を変えていこうとするのが漢方におけるアレルギー治療の考え方です。

漢方は中国で生まれ、日本で独自に発展した何百年もの長い歴史を持つ治療方法で、体の仕組みを3つ(気・血・水)に分類し、それに体質を表す2つの証(しょう)を組み合わせて判断します。

気(き)はからだ全体のエネルギーの流れ、血(けつ)は主に血液、水(すい)は血液以外の体液を表し、この3つがバランスよく働いている状態が健康で、どこかのバランスが崩れた状態が不調として現れると考えられています。例えば、気虚(ききょ)は体全体のエネルギーが不足している状態を指します。

アトピーにいい漢方はたくさんあり、それぞれ症状によって処方されます。主なものは十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)や白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)などで、お湯に溶かして飲むだけのものも数多く出回っていますので、気軽に続けられます。市販の漢方は生薬成分が処方薬の半分以下なので、体質改善には処方薬の方がいいでしょう。漢方医と相談しながら、気長に付き合うつもりでいるといいと思います。